なかなか人に聞けない常識お届けサイト

なかなか人に聞けない常識

セキュリティ

マカフィー(McAfee)

投稿日:




マカフィーの使い方について

日常的に使用しているパソコン・スマホ・Mac・タブレットにおいて、セキュリティ対策は非常に重要になります。セキュリティソフトとして有名なマカフィーは愛用している方も多く、そしてこれから使用したいという場合、まずマカフィーの使い方についてきちんと理解しておきましょう。そうすることで安心してマカフィーを使用することができます。




マカフィーのアンインストールについて

マカフィーをアンインストールしたい場合、アンインストールを実施したいパソコン上にて、次に指定するサイト「http://mcaf.ee/mcpr」へアクセスするとMCPR.exeのダウンロードが開始されたら、それを実行します。ユーザーアカウント制御画面が出たら「はい」を押し、「McAfee Software Removal」が表示されたら「Next」、「End User License Agreement」は「Agree」を選択するなど進めていき、アンインストールを実行します。

マカフィーの評判

マカフィーをこれから使用検討している方において、マカフィーの評判は気になる部分でしょう。セキュリティ対策ソフトとしても有名で実績あるマカフィーは多くの方が活用しているのも事実です。マカフィーサポート窓口を利用する場合、問い合わせ場所が多すぎるので、電話番号を見つけるのが大変だったがきちんと対応し、安心できた。セキュリティを開始すると動作が以前は重くなっていたが、最近は改良されてだいぶ軽くなったマカフィーです。

マカフィーの無料版を試してみる

マカフィーのお試し版など無料で使用できるのであれば、まずは試したいと考える方も多いでしょう。マカフィーリブセーフは、30日間無料試用が可能なため、まずはお試しで30日間試用してみると良いです。マカフィーウェブサイトからダウンロードして試用することができます。期間終了時には表示が出るので、正式に契約するかどうか、まずは30日間マカフィーリブセーフを使って様子をみると、セキュリティ対策(ウイルス対策、個人情報保護、プライバシー対策など)がよく理解できるようになります。

マカフィーへのサインイン

マカフィーリブセーフへログインするには、アカウントを作成する必要があります。メルアドとパスワードでログインするため、まずきちんと設定しましょう。マカフィーへログインするとプライバシーの保護とパソコンの最適化、迷惑メール、ウイルスなど徹底したセキュリティ対策を行います。他には、マカフィーの最新情報やアップデート情報など定期的に情報提供しているため、ログインしてダウンロードしたり、色々と手続きが可能になっているため、アカウント作成は重要です。

ウェブアドバイザー

マカフィーのウェブアドバイザーは、安全なオンライン閲覧などサポートしているため、危険サイトを誤ってクリックしてもブロックしますし、安心できる環境を常に提供しています。ダウンロードする際にもきちんとチェックするため、危険なダウンロードは避けることができます。ウェブサイトからマカフィーウェブアドバイザーをダウンロードすることができますし、安心した環境でウェブサイトの閲覧、ネットショッピングなど行うことができます。

マカフィーは重いというのは本当?

マカフィーを長年使っている方など、口コミをチェックしているとマカフィーは重いと表現されている方も多いです。以前は、マカフィーを入れると突然ウイルススキャンが始まったり、更新を突然はじめたり、急にパソコンが重くなることも多かったですが、最近のマカフィーは改良されたことで、だいぶ動きも軽くなってきました。

ウイルスの削除について

マカフィーは何と言ってもセキュリティ対策がバッチリできるソフトなので、ウイルス対策も安心です。危険なサイトはアクセスできないよう妨げますし、迷惑メール対策・クイックスキャン・ウイルススキャン・ファイアウォール・フィッシング対策機能など色々と充実しているので、対策がばっちりでき、安心してご自身のパソコンでの操作ができるようになるので、ネットショッピングやメールチェックなども色々と楽しめるようになっています。

インターネットセキュリティについて

マカフィーのインターネットセキュリティについて気になる方も多いでしょう。不正なインターネットへアクセスした際など、パスワードで保護されていないネットワークへ接続した場合は、警告表示がでます。ARPスプーフィングを検知すると、すぐに接続を遮断、通知するといった連携プレイができるので、安心してネットサーフィンを楽しむことができます。ファイアウォール機能も充実しているので、ブロックの目安などもご自身で調整することもできます。

マカフィーのインストール方法

マカフィーのインストールは、公式サイト上にてダウンロードすることができます。最初はお試しから試用することもでき、30日間の無料体験版から試用してみるのも良いです。1ヶ月版・1年版・3年版と種類も多数あり、一番お得な価格は3年版を購入するのがお得感があります。購入内容を確認してからアカウントを作成します。アカウントページからソフトをダウンロード、インストールといった流れになります。

マカフィーリブセーフ

マカフィーリブセーフは、家族(同居家族)で何台でもインストールすることが可能で、追加肥料も無料にてセキュリティ対策がしっかり行えます。対象機種はWindows・Mac・iOS・Androidなどです。お子さんから高齢者の方までスマホなど使用している場合、しっかりと対策できるので安心です。まず、危険なウェブサイトへのアクセスは禁止するので、お子さんが使うときなども安心して使用を許可することができます。

マカフィーのセキュリティ

マカフィーは最速のウイルススキャンが可能になりました。トロイの木馬、ランサムウェア、スパイウェア、危険サイト、最新のウイルスなど、最新の速さで対処するため、スピーディなウイルス対策ができます。バッテリーの消費も抑え、ウイルススキャンしてもパソコン動作も軽くなったため、作業に支障が来すこともなく、快適なパソコン操作ができるようになりました。色々と改良されたマカフィーは、かなり以前と比べると使いやすくなっています。

サポート体制について

マカフィリブセーフは、紛失・盗難時の漏洩防止を徹底しています。位置情報やデーターの保護により、個人情報の漏洩を守ることができます。他には、専用のサポート窓口が365日利用できるので、使い方で迷った時やちょっとおかしいなと感じた時など、サポート窓口にてすぐ問い合わせできるので、安心してマカフィリブセーフを使用することができます。専任のセキュリティアドバイザーが対応するので分かりやすく、初心者でも理解することができます。

停止する方法

マカフィーの機能停止する場合は、パソコン上でマカフィー リブセーフが起動し、手動にて停止を行います。「リアルタイムスキャン」は有効になっているため、無効にするなど、ご自身で停止したい機能をチョイスして機能を無効にするを選択し、手動にて設定することになります。一時的な停止でしたら、それ以降また開始する場合、マカフォーで変更した部分を有効にする必要があるため、忘れずきちんと設定すべきです。手動にて設定することになります。

更新方法について

マカフィーの契約更新について、自動更新にて行われます。60日前になると有効期限の案内メールが届くので、登録したクレジットカードが有効期限内のものかチェックし、きちんと登録することになります。公式サイトから購入したマカフィーは、契約の自動更新機能が付いて、AntiVirus Plus、Internet Security スイート、Total Protection、LiveSafe、McAfee All Access など契約更新と同時に反映されます。

必要なくなったら解約しよう

マカフィーをインストールすると、契約期間過ぎたら自動更新をすることになります。解約したい場合は、マカフィーサイトへログインページし、「マイアカウント」から「自動更新のセットアップ」を開くと、有効になっています。これを無効にすることで契約の自動更新が無効になります。また、購入したマカフィーを解約したい場合には、お問い合わせ窓口にて、ウェブサイトから問い合わせするなど、しっかりと確認することが大切になります。



-セキュリティ

Copyright© なかなか人に聞けない常識 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.