なかなか人に聞けない常識お届けサイト

なかなか人に聞けない常識

ツール

safari

更新日:

safari で Flash Player を有効にする

safariで Flash Player を有効にすることができます。その方法は、まず、Safari/環境設定を選択しまし。フルスクリーンモードで safari が表示されている場合は、ブラウザー画面の上の部分にマカーソルを合わせるとメニューバーが表示されるようになります。そして、セキュリティタブのインターネットプラグインのところで、Javaを許可というところと、その他のすべてのプラグインを許可のところにチェックを入れて設定します。

safariというブラウザについて

safariは、アップルが開発しているウェブブラウザです。macOS標準のブラウザとしてMac OS X v10.3から搭載されています。また、iPhoneやiPod touch、iPadのiOSプラットフォーム向けにカスタマイズされたsafariが標準搭載されています。safariは他のブラウザより高速でエネルギー効率に優れているという特徴があり、Mac上のsafariはより安全に、そしてもっと手軽に簡単にショッピングができるようになっています。

safariの履歴について

iPhoneの標準ブラウザになっているsafariは、これまで閲覧したサイトの閲覧履歴をチェックすることができます。また閲覧履歴を消去したいという場合にもsafariアプリ内や設定アプリから行うことができます。またsafariには閲覧した履歴を残さないというプライベートブラウズ機能をもっています。この機能があれば、履歴を残すことなくブラウジングすることができ、プライバシーに配慮できるというメリットがあります。

safariのアップデートについて

米国のアップル社が開発したsafariは、Mac OS XやiPhone・iPadなどのiOSデバイスに搭載されていて、Windows用のブラウザもあります。そんなsafariをアップデートしたいという場合、スタートメニューから全てのプログラムを開いて、Apple Software Updateを起動します。その後、アップデート情報が示されますので、アップデートしたい項目にチェックを入れてインストールしていきましょう。

safariのダウンロードについて

Appleは2012年にWindows版のインターネットブラウザ、safariの提供を終了しました。そのため、現在は公式サイトからのダウンロードができなくなっています。せっかくダウンロードしようと思って公式サイトにアクセスしてもできないのは残念ですが、知らずにずっと探していてもダウンロード用のボタンは見つからないということになります。

ただ、まだWindowsでもsafariをダウンロードする方法はあるとはいわれたりしていますのでいろいろと調べてみるのはおすすめです。

safariとアプリについて

iPhoneに搭載されているブラウザといえばsafariです。このブラウザは使いやすいブラウザといわれ、動作も快適で、インターフェースもわかりやすくなっています。そして、複数タブを開いても管理がしやすいというメリットがあるといわれていますが、タブを開きっぱなしにして使用するという使い方には不向きとの声はありますが、不満なく使っている人も多いといえます。ただ、デフォルトブラウザ設定解除ができないということがデメリットというひとはいるようです。

safariのキャッシュ クリアについて

iPhoneでsafariの動作が遅くなったり重いという場合にはいろんな原因が考えられますが、ブラウザのキャッシュを削除すると改善できる場合もあります。キャッシュとはアプリ上に一時的に保存されているファイルやデータのことで、キャッシュが増えていくと、端末の容量が圧迫されてブラウザの動きが遅くなるのです。そんな時にはキャッシュクリアをすることで改善できる場合があるのです。そのため、使いにくいという場合にはまずはキャッシュクリアをしてみましょう。

safariの履歴削除について

iPhoneやiPadでsafariを使用した場合、他のブラウザの時と同じように履歴が残され、これまで検索したキーワードなどが記録されています。しかし、履歴が残っているとプライバシーという意味でも気になってしまったり、家族や友だちに見られてしまった時などにちょっと嫌だと思ってしまう人も多いのではないでしょうか。そのため、safariを使用した時には履歴削除を行って、検索履歴を消しておくのはおすすめです。

safariのブックマークについて

iCloudならiPhoneからsafariのブックマークを同期することができます。同期させると同じように利用できるので非常に便利になります。同期したいブックマークのあるiPhoneで設定して、iCloudに入り、safariをオンにしましょう。対象となるiPhoneやiPad、iPod touchに同じiCloud IDでサインインし、設定からiCloud」に入って、safariをオンにしましょう。同期させると違うデバイスでも使い慣れブックマークが利用できて便利です。

safariと文字化けとSafari for Beginnersについて

safariで文字化けしてしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。その解決方法として翻訳サイトを使うことで解決できる場合があります。文字化けしたsafariページのURLをコピーして、Yahoo!翻訳ページの貼付欄に文字化けページのURLを貼り付けてみましょう。翻訳設定を、英語から日本語に設定して翻訳をします。そうすると文字化けした部分が正しく表示される場合があります。また、ドルフィンブラウザを使うという方法も一つです。

safariのお気に入りについて

iPhoneではパソコンと同じように、お気に入りサイトをブックマークに登録できるのです。登録しておくと、利用したい時に簡単に利用できるのでとても便利です。フォルダを作ってからブックマークを整理しておきましょう。ブックマークを追加する場合、共有ボタンをタップして、画面からsafariを開き、ブックマークをするウェブページを開きます。そして、画面下にある共有ボタンをタップして行くと登録できるようになっています。

safariのバージョンについて

iPhoneやiPadにはsafariのバージョンを確認する方法は用意されていないのです。しかし、利用しているsafariのバージョンを知りたいという場合にはJAVAScriptをブックマークから直接起動することができるブックマークレットと呼ばれている機能を利用することで使っているバージョンを簡単に調べることができるといわれているのです。こうすると、現状では一番手っとり早い確認方法だといわれていて、気になるという場合には是非調べてみましょう。

safariが重い時には

safariが重い時には、不要なタブを閉じると解決できるという場合もあります。iOS7のsafariは、最大24までタブが開けるようになっています。そのため、いろいろと調べたり情報を見たいけれども、ちょっと残しておきたいと思って検索しているとあっという間にタブがたくさんできてしまっています。タブが開かれていれば、そのぶんiPhoneのメモリが消費されるため、動作が遅くアンってしまうのです。ですので、不要なタブは閉じることで改善できる場合もあるのです。

safariの検索履歴について

iPhoneなどを利用してsafari を使って検索を続けていると、その検索履歴が残されるようになっています。そこで、safariの閲覧履歴を削除しましょう。safariで履歴画面表示を行ってから画面下部の消去をタップしましょう。そして、削除したい履歴の範囲を指定すると、その範囲の履歴をきれいに削除することができるのです。全部は消去したくないという場合、この方法だと簡単に消去したいところの閲覧履歴が削除できるのでとても便利です。

safari for windowsについて

以前はダウンロードできたsafari for windowsですが、現在はサポート期間も終了してしまって、ダウンロードできないようになっています。当然サポートもされていない状態になっています。そのため、safari for windowsを使いたいという場合でも、公式サイトからダウンロードをすることができないのです。しかし、インターネット上では別の方法でできる場合もあるなどの情報などがあります。その情報を利用する場合など、自己責任となるといえます。

-ツール

Copyright© なかなか人に聞けない常識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.