なかなか人に聞けない常識お届けサイト

なかなか人に聞けない常識

ツール

ワード(Word)

更新日:




ワードのページ番号

ページ番号を表示する時、ヘッダーやフッターに表示されるページ番号と文書の実際のページ番号が違っているという場合があります。挿入→ヘッダーそして、ヘッダーの編集を選びます。またはフッターからフッターの編集を選択します。

ヘッダー/フッター ツール の デザインという名前のタブにある[オプションで、先頭ページのみ別指定を選択します。ヘッダーまたはフッター領域の先頭ページに、“1 ページ目のヘッダー”というラベルがあり、ページ番号を選択して強調表示し、Deleteキーを押すか、右クリックで切り取りし、ヘッダーとフッターを閉じます。



ワードで封筒印刷

ワードには封筒に印字する宛名印刷ができる機能も搭載されています。あらかじめExcelなどで住所録作成を行っておくとスムーズに宛名印刷ができます。ワードの差し込み印刷と横書きテキストボックス機能を使うことで、封筒の書式が縦書き封筒宛名印刷のレイアウトが簡単に作成できます。
ページレイアウトタブから、ページ設定を選び、文字列の方向から縦書きを選択していくと印刷できます。設定を変えることで様々な書式の設定が行えます。
ワードの住所録の情報があてなとして表示されたら、差し込み文書タブを選択して文書の印刷を行います。

ページ削除について

文書に空白の段落や任意指定のページ区切りなどがあると、不要な空白ページとなる場合があります。セクション区切りが含まれている場合なども不要な空白ページになる可能性があります。そんな時は空白ページを削除しましょう。その方法はいくつかありますが、簡単な方法としては、不要な空白ページが文書の最後にあるという場合は、 Ctrl キーと End キーを押しながらBackspaceキーを押し、文書末尾にカーソルを移動させて削除をしましょう。空白ページが余分な段落などが原因でできている場合には解決することができます。

チェックボックスとは

ワードにはレ点チェックが入れられる機能が備わっています。これができると、わざわざ紙媒体に出力する必要もなく、パソコン画面でチェックができたり、アンケートなどに回答することができますので便利です。チェックボックスは、ファイルからオプションを選び、リボンのユーザー設定をクリックします。右側のリボンのユーザー設定画面から、開発をクリックし、チェックを入れます。

入力画面で開発タブが追加表示されていたら、コントロールアイコンのチェックボックス コンテンツ コントロールを選び、コントロール内のプロパティのアイコンで、ボックスの中がレ点表示される設定をします。

オンライン

無料のワードオンラインはどこからでも作成できて、共有や共同作業が簡単で、必要なものはデスクトップブラウザーだけというシンプルな方法で利用できます。

どこからでもアクセス可能で、使い慣れた Office アプリを利用して活用できるので、新たに操作方法を習得する必要もありません。見栄えがいいレジュメやニュースレターなどを作成したり、編集でき、他のユーザーを招待するとリアルタイムで校閲や共同編集が行えます。無料のテンプレートを使って時間が節約できたり、Wikipedia アドインなどの無料の Office アドイン機能も利用できます。

ワードの文字数

ワードの文字カウント機能は、小論文やレポート作成などのシーンで文字数が指定されている時にとても便利です。文字数を知るためには、まず校閲から文字カウントを選択します。そして、文字カウントのダイアログボックスが出てくくると、そのダイアログボックスに文字数や段落数なども載っていますので文字数以外の情報も知ることができます。[Shift]+[Ctrl]+[G]を押すとショートカットになります。

文字カウントは、選択した範囲内ののみの文字数もカウントでき、文字数だけでなく、ページ数や行数、段落数なども確認することができます。

pdf 変換について

PDF 形式は、ファイルをほとんどのコンピューターで同じように表示させたい時やファイル サイズを小さくしたい時、業界の形式に準拠するという場合などに便利です。他にも履歴書や法的文書、ニュースレターや編集不可の読み取り専用資料などにするのに便利です。Office のプログラムにはファイルを他の人と共有する場合などに便利な PDF保存機能や変換機能があります。他のソフトウェアやアドインは必要いのです。

[ファイル]の [エクスポート]か[名前を付けて保存] を選択することで、PDF形式で保存をするなどができます。

ワードの使い方はWord プロ技 BESTセレクションで学ぶ

ワードは書類などを作成する上でとても便利なツールです。手紙やはがきなど、身近な家庭用文書から、表やラベルの作成や印刷といったビジネス用シーンまで幅広く対応することができて、パソコン初心者の方も使いやすい便利な機能などが多くあり、使いこなせることでたくさんのメリットがあります。ワードの使い方は様々な媒体で紹介されていますので、簡単に知ることができます。まずは、練習をしていって使いこなせるようになりましょう。また、ビジネススクールやパソコンスクールなどで講座を受けることができ、教えてもらえるところも多くあります。

ワードの数式

理系学生などは実験レポートを書く時などに必要になるのが数式です。多くの学生はレポートを書く際にMicrosoft Officeのワードを使用しています。レポートには文章だけでなくて数式も必要になります。ワードには数式を入力できる機能があります。ワードで入力できる数式は、上付き文字や下付き文字、分数や√(ルート)、積分、特殊文字や円周率、などがあります。Σ(シグマ)や方程式や無限大 ∞、両矢印 ⇔なども入力できます。これらが使えないとレポートを書くのも不便ですが、ワードでは数式が利用できますので便利です。

ワードと名刺

名刺を自分で作りたいという時にはワードには便利な名刺作成機能もあります。デザインを考えていくのは楽しいですよね。楽しい作業を行ってすぐに完成できます。自身で用意した名刺用紙サイズの枠を画面に用意していきます。

名刺のデザインが完了したら、差し込み文書タブから、作成グループの、ラベルボタンをクリックしましょう。新規文書のボタンをクリックすると、すぐにおなじデザインのものがたくさんできます。そうしたら、後は用紙に印刷をするという簡単な方法で名刺が作れます。文書は保存しておきましょう。完成されたものを保存しておきます。

DOCからpdfへ

簡単にボタンクリックで、DOCからpdfへファイルを変換できるサイトなどもあります。DOCファイルをPDFに変換したいという時もありますが、手順がめんどうという場合もあるのではないでしょうか。設定などは一切なく、数秒待つだけで変換が完了するというという簡単クリック一つでDOCからPDFへの変換が可能です。でもデータが心配という場合でも、変換1時間後にはファイルはサーバーから削除されるというものもあり安心です。すべての操作はクラウド上にあるサーバーで行われるのでコンピューターの使用状況を妨げることはなく便利です。

ワードと表

ワードでは表作成もできます。でも表ってどうやって作ればいいのかわからないという場合も、挿入→表という流れで表を選択できます。表に文字を入力して、表での範囲選択という、セルや列、行の範囲選択を行って、表の列幅変更をするなどすると立派な票が出来上がります。

作った表は表の行の高さを変更したり、セルの結合をして最適にして行ったり、表内の文字の位置を整えたりすることなどもできます。また、表のセルに色をつけたり色を変えたり、表の罫線の種類を変えるといった様々なレイアウトができて便利です。便利に票が作れるのもワードの特徴です。



-ツール

Copyright© なかなか人に聞けない常識 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.