中村勘三郎さん、57歳の若すぎる死去

この記事は1分で読めます

中村勘三郎さん、57歳の若すぎる死去。体調を壊してからも幾度となく、様態がTVの芸能ニュースでも取り上げられていましたよね。ICUに入っていて流動食をとっている…という情報が、私が最後に耳にしたニュースでした。

歌舞伎という一般人には馴染みのない世界も、この人の存在が広い世代に歌舞伎の存在を知らしめた気がします。

当たり役は多く、「隅田川続俤(ごにちのおもかげ)」の破戒僧・法界坊、「夏祭浪花(なにわ)鑑(かがみ)」の魚屋・団七九郎兵衛では、奔放かつ的確な演技が高い評価を得ていました。

歌舞伎俳優の中村勘三郎さん死去…57歳

中村勘三郎さん宅前に集まる報道陣ら(5日午前9時17分、東京都文京区で)=高橋美帆撮影
 華やかな芸風で歌舞伎人気を支え、「平成中村座」公演などで新風を吹き込んだ俳優の中村勘三郎(なかむら・かんざぶろう、本名・波野哲明=なみの・のりあき)さんが5日午前2時33分、急性呼吸窮迫症候群のため、東京都文京区の日本医科大学付属病院で亡くなった。57歳だった。

 告別式、喪主は未定。

 2010年暮れに体調不良を訴え一時休演したが、復帰。11年11月から東京・浅草での「平成中村座」の7か月連続公演に出演した。しかし、今年6月に食道がんを公表し、7月の手術後の経過は順調だったが、肺炎による呼吸不全が進行、闘病を続けていた。

(以上読売新聞より引用)

 
中村勘三郎といえば、戦後歌舞伎の大物で文化勲章受章者の十七代目中村勘三郎の長男としてこの世に命を受け、わずか3歳で五代目勘九郎として初舞台を経験しました。当時から、梨園(りえん)で天才子役と呼ばれ、将来に期待が寄せられました。

早くから猛稽古を積み、粋な江戸歌舞伎の伝統を軸に、上方の芸風まで幅広く身につけ、舞踊でも正統派の名手として評価を確立したほどの人物です。TV番組にも多数出演し、特にバラエティー番組でみせるその気さくな性格から、歌舞伎を身近に感じる若者も多かったはずです。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場