麻木久仁子さんが乳がん手術を受け、闘病生活を来年放送の番組内で公開予定

この記事は2分で読めます

麻木久仁子さんが乳がん手術を受け、闘病生活を来年放送の番組内で公開予定!しかも乳がんだけではなく、脳梗塞をわずらっていたこともあかしています。

番組内で今回の病気が発見され、それ以後は密着取材を行っていた様子。50歳になる麻木さんは「寿命が長い時代、50歳は体をメンテナンスして頑張ろうって考える時期だと思う」と同世代の視聴者に訴えかけているように思えます。

本当に病気はこわいけど、早期発見、早期治療で完治の道もあるのですから、検診に行く人がもっと増えるといいですね。

 麻木久仁子、乳がん手術していた…赤裸々公開

 タレント、麻木久仁子(50)が初期乳がんの切除手術を受け、闘病の様子を初公開することが26日、分かった。10、11月に両胸の乳がん手術を受け、来年1月8日放送のテレビ朝日系「たけしの健康エンターテインメント! みんなの家庭の医学SP」(後7・0)が密着していた。麻木は脳梗塞を患っていたことも明かし、「寿命が長い時代、50歳は体をメンテナンスして頑張ろうって考える時期だと思う」と切実に訴えている。

クイズ番組の解答者として活躍する才女が、乳がんに立ち向かう姿を赤裸々に公開した。

 タレント、ビートたけし(65)が司会を務める「-家庭の医学SP」は「芸能人の病の症例」と題し、大病に見舞われた著名人を紹介。その一例で、初期乳がんと闘う麻木の診察、手術前後に密着した。

 麻木が異変に気づいたのは今年8月。人間ドックの一環で、東京・広尾の平松レディースクリニックで乳がん検査を受けたのがきっかけだった。

 同クリニックは偶然にも「-家庭の医学」の前身番組で、2009年に麻木が出演した「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」で乳がん検査をした病院。今回検査を担当した医師が、3年前と同じだったため当時のエコー画像との比較ができ、右乳房に黒い影を発見した。その後、東京・築地の国立がん研究センターで再検査し、10月に疑わしい組織の切除手術を受けた結果、がんと判明し、さらに左胸にも腫瘍が発見された。

 麻木は「こんなちっちゃい胸でどこががんになるのよ」と衝撃事実に打ちひしがれたが、転移のリスクが低い初期だったため、前向きに再手術へ。1人娘(18)に涙ながらに打ち明け、50歳の誕生日を迎えた2日後の11月14日に左乳房の手術に臨み、患部を完全摘出。乳房も守られた。今後はほぼ毎日、1カ月半、放射線治療を続け、来春に治療が完了する。

 
(以上サンケイスポーツより引用)

 
麻木さんは、一昨年の年末には脳梗塞になったことも番組内で告白しています。当時の状況としては、ある時を境に右手足がしびれて動かなくなることが続いたので、念のため病院で診断を受けたそうです。

その時の麻木さんは、タレントである大桃美代子さんの元夫でジャーナリストの山路徹さんとの不倫&再婚&離婚騒動の真っ只中でしたよね。

脳梗塞の原因になると言われているストレスはためないように気をつけているそうです。たしかに気づかないうちにたまるストレスを発散させる方法を持たないといけませんね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場