西城秀樹のコンサートはもう見れない!?

この記事は1分で読めます

「秀樹、カンゲキ」でお馴染み西條秀樹が「秀樹、カンレキ」で?!

なんと歌手活動引退を宣言し、トークショー会場は一瞬静まり返った。

西城秀樹さんと言えば、二度の脳梗塞を経験。57歳、還暦まであと3年ってところで秀樹なにをおもう?

 


西城秀樹、60歳で歌手引退プラン…2度の脳梗塞で人生観変化トークショーで還暦引退プランを明かした西城秀樹=東京ドームシティ・プリズムホール
歌手・西城秀樹(57)が7日、60歳で、歌手を引退するプランを明かした。都内で行われた「きずなアートフェス」でトークショーを行った際「60歳になったら歌の世界から去っていこうと思う」と語ったもの。2度の脳梗塞を経験し人生観が変わったといい、60歳を機に新たな挑戦を始める。好きなアートのほか、脳梗塞の闘病とリハビリの経験を生かした用具や装備の開発などにも取り組む意向だ。

衝撃の発言に、会場は一瞬にして静まり返った。

トークの終盤、今後の活動について問われた西城は「60歳になったら歌の世界から去っていこうと思う」と静かな口調で明かした。その後、どよめいた会場のファンをなだめるかのように、「10万円払ってくれれば、いつでも歌いに行きますよ」と笑顔で付け加えた。完全に引退するのは難しいと思われるが、本気で第一線から退く覚悟を見せつけた
(以上デイリースポーツより引用)

 

西城秀樹さんは、死と隣り合わせの経験をしたことで、限りある人生を心のままに生きたい、という思いが強くなり「60歳まで頑張って、61歳からは新しいことにも挑戦していきたい。

大好きなアートなど、好きなことをきちんとやっていきたい」と、前向きな発言で会場のファンを安心させたようです。

自身がプロデュースしたリハビリ用シューズが、アシックスから来春発売されることを発表し、今後も医療や介護などの分野で新たな挑戦をしていく意気込みを見せつけてくれた「秀樹、ガンバレ」!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場