井上真央ちゃんが800キロもあるワゴンRをグイッと綱で引いちゃいました!

この記事は2分で読めます

女優の井上真央ちゃんが800キロもあるワゴンRをグイッと綱で引いちゃいました!

先月30日に行われた主演映画「綱引いちゃった Play at tug―of―war」の公開イベントでいったい何が?!


大分市に実在した綱引きチームから着想を得た映画「綱引いちゃった Play at tug―of―war」(監督水田伸生、11月23日公開)のイベントが30日、同市内で行われ、主演の井上真央(25)らが出席した。

台風17号の接近で開催が危ぶまれたが、人口約47万人の同市の野外イベントとしては史上最多の1000人が集まった。「ガレリア竹町商店街」に約70メートルのレッドカーペットが敷かれ、井上と母役の松坂慶子(60)のほか、浅茅陽子(61)、西田尚美(42)、ソニン(29)、渡辺直美(24)、犬山イヌコ(年齢非公表)、中鉢明子(30)の女優8人が綱引きに挑戦。

映画の宣伝ラッピングが施されたスズキの軽自動車「ワゴンR」(重さ約0・8トン)に結んだ約50メートルの綱を、市民らと一緒に引っ張った。

昨年11~12月の撮影を振り返る俳優陣の話題は、大分の飲食店や名産ばかり。井上はリュウキュウ(魚のしょう油漬け)のお茶漬けが気に入り「ほぼ毎日、お酒と一緒に食べた。お酒っちゃ飲みも好きっちゃです」と大分弁で話した。

市広報課職員が市のPRのため女子綱引きチームを結成、全国大会優勝を目指す物語。

「東日本大震災後、土地の言葉で語られる気持ちと、東京から流れる情報の落差に驚いた」という水田監督が地方にこだわり、すべて大分県内で撮影。コーチ役の玉山鉄二(32)も「県民の皆さんに恩返ししたいと思っていた。多くの人が来てくれてうれしい」と感激。

出演者ら10人が市の観光特使に任命され、俳優陣らを代表して井上が「映画とともに、大分の良さが伝われば」と話した。(以上スポニチより引用)

井上真央ちゃん「ほぼ毎日、お酒と一緒に食べた。お酒っちゃ飲みも好きっちゃです」のコメントからわかるように、けっこういける口みたいですね。

そういえばアサヒビールの「アサヒ ダイレクトショット」のCMキャラクターも決まり、
先月28日都内で行われた発表会でも「最近は仕事終わりのご褒美に家でしっぽり飲むほど。おじさんっぽいと言われてます」ってコメントが。

顔色一つ変えず冷静に飲みそうなイメージありだね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場