ピン芸人、ほっしゃん。約2年間もの話し合いで9月末に離婚していた!

この記事は2分で読めます

ピン芸人、ほっしゃん。約2年間もの話し合いで9月末に離婚していた!

本当にびっくりです。ほっしゃん。に好感度ありありな私としては、きちんとケジメはつけていると思いますよ。離婚成立まで約2年という長期に至ったのは、お子さんの親権をどちらがとるか?そこが話し合いの論点だったようで、子煩悩で有名なほっしゃん。らしいですよね。

結局、親権は奥様がとり、慰謝料はなし、成人になるまでの養育費はほっしゃん。が支払うようです。

お笑いタレント・ほっしゃん。(41)が2007年に結婚した夫人(36)と9月末に離婚していたことが30日、分かった。

一般女性の夫人とは10年以上の交際の末、ゴールイン。09年には長男(3)も誕生したが、10年ごろから夫婦関係にヒビが入り、代理人を立てて話し合いを続けていた。昨年3月の東日本大震災後、妻子は沖縄に移住している。関係者によると、親権は夫人側で、慰謝料などはないという。

05年R‐1王者の実力派ピン芸人が約2年の話し合いの末、離婚していたことが分かった。

ほっしゃん。と管理栄養士だった夫人は94年に大阪で知り合い、10年間の同せい生活を経た後、07年11月に結婚。当時、夫人について「キャップをかぶると木村拓哉さんにそっくり。めちゃくちゃかっこいい。目がクリッとしている」と明かすなど幸せいっぱいで、09年6月には長男が誕生した。

しかし、関係者によると、翌10年にはすれ違いから夫婦関係に亀裂が入り、程なく別居。修復は不可能となり、互いに代理人を立てて離婚へ向けた話し合いを続け、今年9月末に成立したという。

離婚まで長期間を要したのは、長男の親権などを争ったためとみられる。ほっしゃん。は愛息を「ちびっしゃん。」として、たびたびブログに登場させるなど、子煩悩で知られていた。昨年3月の東日本大震災後、妻子は沖縄に移住したが、子供に会うため、現地を訪れていたという。結局、親権は夫人側がもち、慰謝料などはないという。長男が成人になるまでの養育費は、ほっしゃん。が支払うとみられる。

(以上yahooニュースより引用)

ほっしゃん。と言えば、女優の尾野真千さんとのデートを写真週刊誌に取り上げられていたことが記憶に新しいけど…あれは、たしか9月。ってことは?!

離婚が成立寸前ってこと?! うーん、まだ離婚が決定していなかっただけに、公表はできなかったんでしょうね。

それとお子さんの気持ちを考えると、大人の事情にもしっかりとした順番ってものが必要だよね。顔はおいといて、ほっしゃん。は、サービス精神旺盛で、人気者!!私はそう思うのだ。

離婚後も親子の絆を大切にできる人だと思うので、何も心配はしていないけど、これで女優さんと再婚とかしたら?!あり得ないこともないよね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場