髭の脱毛がしたい!髭の脱毛ってどんな感じ?!

この記事は2分で読めます

昔からの友達が正直、髭がかなり濃いです。

ちゃんとお手入れしていなければ顔全体が隠れてしまうんじゃないかと思ってしまうほど濃いです。

その一方うちの主人は髭がかなり薄く、頑張って伸ばしてみても鼻の下と顎の下に少しだけしか生えてきません。

形を整えなくてもなかなかオシャレ髭のような形に生えてくるので友達はかなり羨ましそうにしていました。

そんな友達が最近真剣な顔をして「髭脱毛をしようと思う」と相談しにやってきました。

まだ20代前半で毎日しっかりとした手入れをしないと顔が隠れそうな髭に日々悩まされるのならいっそ脱毛してしまったほうがいいのではないかと考えたそうです。

確かに平均寿命まで生きると考えると生きている間に伸びてくる髭とその髭をケアする時間を考えると、脱毛という選択肢もありなのかもしれません。

女性の筆者からすると脇やV,I,Oの脱毛などこれから先一生毛が必要ないだろうと思われる場所に対しては脱毛に一切の抵抗はありませんが「脱毛」という言葉から女性よりも少し距離のある男性である主人に言わせると「また生やしたくなった時に公開するんじゃないか」という答えが出てきました。

確かに流行りは巡るとも言われていますし、今はいらないと感じている髭もまたどこかで流行がやってきてその時に全く後悔しないとは言い切れませんよね。

そこで、髭の脱毛とはどういうものなのかを参考までに調べてみることにしました。

 

髭の脱毛方法

髭の脱毛ってどうやってするのでしょうか?
かなり初歩的な疑問ではありますが、かなり興味があるので調べてみました。

まずは「レーザー脱毛」をご紹介します。
レーザー脱毛とは黒い色をしたもの(髭や体毛など)に光を集結させてその熱によって脱毛を行う方法のようです。

これは「光脱毛」といわれている脱毛も同じ方法なのだそうです。
その他に「ニードル脱毛」と呼ばれる脱毛方法もあるそうで、これは毛穴に細い針を刺してその針に電気を通して行う脱毛方法だそうです。

子の脱毛方法はかなり昔から行われている脱毛方法なんだそうで、永久脱毛に近いものだと言われているそうです。

ちなみに脱毛時の痛みを比較すると一番痛くないと言われているのが「光脱毛」その次が「レーザー脱毛」で一番痛いと言われているのが「ニードル脱毛」なんだそうです。

価格はサロンや範囲、回数によっても異なってくるとは思いますが、やはり一番高額になっているのは「ニードル脱毛」のようです。

確実かつ、永久的に脱毛できるということもあってなのかなかなか思い立ってすぐに行えるような金額ではないように感じました。

「光脱毛」と「レーザー脱毛」については部位によってどちらが高くなるか変わってくるようです。
ニードル脱毛よりはリーズナブルな印象がありますがそれでもやはり高額だなという印象を持ちました。

思っていたよりもずっと高価なお買い物になりそうな「髭脱毛」ですが、髭に長年悩まされてきた友達や、毎朝の忙しい時間での髭剃りを少しでも短縮したいと考えていらっしゃる方には、お安いと感じられるものなのかもしれません。

髭剃りの時間短縮だけではなく、シェーバーを買ったり髭剃り後のスキンケア商品を長年買い続けていく値段を考えてみて髭脱毛を検討してみるのもいいのかもしれないです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場