豆乳ローションの効果とは?!どこで手に入れたらいいのか

この記事は2分で読めます

夏といえば薄着になる季節ですよね。

2児のママと言えども女の端くれである筆者は最近ムダ毛がかなり気になってきています。
腕にはほとんど生えないムダ毛ですが何故だか妊娠をきっかけにお腹にムダ毛が生えてくるようになってしまったんです。

薄着で手を上げた時にチラっと見えたお腹がムダ毛まみれだったら同性でも若干ひいてしまいますよね。
そんな悩みをママ友に思い切って投げかけてみると「豆乳ローション試してみなよ」と言われたのですが初めて聞いた言葉に頭の上にハテナがたくさん出てきました。
豆乳って飲み物じゃないの?ローションなの?なんて悩んでいる暇があるのであれば調べたほうが早いかと思って調べてみました。

 

豆乳ローションの効果とは?

ムダ毛が生えてくるのを抑制してくれる効果があるローションなんだそうで、しかもお医者さんが発明したそうです。
嬉しい効果なうえに、お医者さんが発明しているとだけあって何だか使用するのも安心して使用することが出来そうな「豆乳ローション」、頼りになりそうです。

では何故「豆乳ローション」によってムダ毛が抑制されていくのでしょうか?
それは豆乳に含まれている「大豆イソフラボン」と「大豆サポニン」という成分によってムダ毛が抑制されていくそうなんです。

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれるそうで、その女性ホルモンがムダ毛を抑制してくれるそうなんです。
大豆サポニンは肥満を予防してくれるという効果もある驚きの成分でもあるようで、保湿効果もあるようです。
それだけではなく毛穴の汚れを取り除いて整えてくれるという女性にとってはとてもうれしい効果も持っている成分なんだそうです。

 

豆乳ローションはどこで手に入れるの?

実はこの「豆乳ローション」購入するというよりも手作りするといったほうがいいかもしれません。
準備するのは「豆乳250ml」「レモン一個」「消毒用アルコール大さじ5」です。
豆乳は成分無調整のものを用意してください。

まずは豆乳を小鍋でかき混ぜながら弱火にかけてます。
60度くらいになったらレモン1個分の搾った果汁を豆乳の入ったお鍋に入れて更にかき混ぜます。
そうすると豆乳が固まり始めるのでそこで火を止めて消毒用アルコールを入れます。

その豆乳をステンレスでできているザルに手ぬぐいとキッチンペーパーをひいて流し込んでいきます。
覚めたら化粧水を入れるような容器に移し替えて冷蔵庫で保管するそうです。
材料もスグに手に入りそうなものばかりで作るのも簡単に作ることが出来そうなので、今日から作って使用することが出来そうですよね。

 

豆乳ローションはいつ使うのか

豆乳ローションは、ムダ毛処理をした後に2回ほど塗り込むようにするのが効果的なんだそうです。

もちろんその効果には個人差があるでしょうし肌に合わないがあると思いますのでパッチテストのようなものを予め行うことをお勧めします。お医者さんが発明しているということなのでさほど心配はしていないのですが念には念をということですね。

でも自分で作るからこそ変な化学成分のようなものが配合されていないし、肌にもいいような気がします。

少しでもムダ毛を気にすることなく夏を楽しむことができるのであれば試す価値は大ありだと思います。
早速今週末にでも豆乳ゲットしに出かけたいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場