虫刺されにご用心!虫刺されて腫れたり水ぶくれになった時の対処法とは

この記事は2分で読めます

夏になると、よく見かける蚊や、見たことがないような虫が寄ってきます。特に、森林の茂みには、たくさんの数で、人が来るのを待ち構えていたかのように、接近してきます。

アウトドアで活動するには良い季節ですが、注意していないと虫に刺されて、思いがけないような症状になってしまうことがあります。そこで、虫刺されについて、調査します。

スポンサードリンク

虫刺されになった時、身体の中で、何が起きるの?

虫に刺されたとき、虫から分泌される唾液と毒針が、体内の防御反応で、腫れやかゆみとなって症状に現れます。

その仕組みは、免疫細胞が刺された箇所に、血液から分泌されて、血管が膨らんでいきます。それが、腫れとなって、身体に現れます。

同時に、免疫細胞からヒスタミンと言う成分が体内で放出され、かゆみとなって、身体で感知するようになります。体内の免疫反応は、個人差があって、同じ虫に刺されても、症状は一律と言うわけではありません。

 

虫刺されで、腫れたり水ぶくれになった時の対処法は?

大人なら、ちょっとした虫刺されには、あまり大きな症状となりませんが、赤ちゃんは、皮膚と免疫細胞が弱いので、腫れたり、水ぶくれになったりします。

その場合は、市販の皮膚薬もありますが、赤ちゃんの肌は、敏感肌なので、赤ちゃん用皮膚薬か、皮膚科で受診されることをお勧めします。また、かゆみで、掻きむしらないように、赤ちゃん用の手袋などをしてあげて、掻きむしらないようにしてあげてください。

スポンサードリンク

虫刺されで、腫れた後が残らないように対処する方法

虫刺されで、跡が残らないようにするには、掻きむしらないことが鉄則です。

虫刺されの跡は、搔きむしった時の状態がほとんどです。そのため、虫刺にされた際は、すぐに患部を冷やして、汚れや、バイ菌を洗い流してください。

患部を冷やすことで、かゆみが、幾分低減されます。そのあと、患部に薬を塗ってください。

 

虫刺され用の薬は、大きく分けて2種類の配合薬があります。薬を購入する際に、箱に明記されているので、参考にしてください。

 

1.ステロイド配合

炎症を抑える働きがあります。虫に刺されて、時間が経ってしまった場合にお勧めします。

 

2.抗ヒスタミン配合

かゆみを抑える働きがあります。虫に刺されてすぐで、かゆみを低減するのにお勧めします。

 

腫れやかゆみが引かないときはどうすればいいのか

 

虫に刺されて、市販薬を塗って症状が改善しない場合があります。お子様で起きやすい現象ですが、身体でアレルギー症状が起きて薬が効きにくくなっています。

そのため、皮膚科で受診を受けて、適切な薬(飲み薬、塗り薬)を処方していただいてください。このアレルギー症状については、市販薬では、快方に向かわないと心得てください。

夏から秋にかけて、虫と遭遇する場合があります。たかが蚊であっても、テング熱の媒介を行う恐れがあり、気を付けたいところでもあります。アウトドアに出かける際は、虫除けや薬を持参して、楽しい時間をお過ごしになってください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場