玉ねぎ氷って何?食べるとどんないいことがあるの?

この記事は2分で読めます

玉ねぎ氷って何?

最近初めて耳にしたワードです。

玉ねぎはもちろん想像がつくのだけれど気になるのは氷。

耳にした感じではなんだか涼しげですよね。

とても気になったので、一体どういうものなのか、どのようにして作るのかなど

細かく調べることにました!

 

まずは玉ねぎ氷とは一体どういうものなのか?

それは、玉ねぎをピューレ状にして冷凍庫で凍らせたものだそうです!

ピューレ状にすることで、玉ねぎのケルセチンという成分を吸収、消化しやすくなるのだそうです。

1日2個の玉ねぎをいろいろな料理に入れて食べることでダイエットやアンチエイジングの効果も期待できるそうです!

ダイエットやアンチエイジングの効果があるのは男女問わず、とてもうれしい効能ですよね。

ではそのケルセチンとはどういった成分なのでしょうか?

ケルセチンは、ポリフェノール中の1つ。

とても優れた抗酸化力をもつ成分で血中の活性酸素を除去する力が強く、血流の改善や、血管の保護につながることが証明されています。

 

そんな玉ねぎ氷を食べるとどんないいことがあるのでしょうか?

主な効果、効能は冷え症の解消、肥満予防・解消、糖尿病の予防、便秘、肌荒れ、疲労回復、抗ストレス、骨粗しょう症予防です。

冷え性や便秘、肌荒れなどは女性に嬉しい効能ですよね!

肥満や糖尿病は、働くお父さん達にも凄くうれしい効能なので家族みんなに嬉しいものだと思います。

また血管は年齢を重ねるとともに少しずつ硬くなって老化していきます。

よく耳にする動脈硬化とは、血管が硬くなりもろくなった状態のことを言いますが、血管の老化は血液や酸素、栄養を全身に送り出すことができなくなるので、

動脈硬化だけではなく、メタボリックシンドロームや認知症、お肌のトラブルなどいたるところに影響していくそうです。

なんと玉ねぎ氷を4か月摂取し続けた人たちは、ほぼ全員の方の血管年齢が10歳~20歳も若返ったという素晴らしい実験結果も出たそうなんです!

こうして実際に効果が表れたというお話を聞くと更に興味がわきますよね。

それではこの玉ねぎ氷、一体どのようにして作るのでしょうか?

 

まずは材料。

  • タマネギ 1キロ程
  • お水 200ml

これでだいたい製氷皿に2枚~3枚できると思います。

まず玉ねぎの皮をむき、芯を取り除いてください。

それをポリ袋に入れ、入れ口は閉じないまま電子レンジ600wで20分ほど加熱します。

そして水200mlとレンジでチンした玉ねぎを汁ごとミキサーに入れピューレ状になるまでミックスしてください。

ピューレ状になったらそれを製氷皿に入れて、ラップをして冷凍します。

凍ったら製氷皿から取り出し、袋に入れて保存します。

思ったよりもすごく簡単で今すぐにでも作ることができそうですね。

一度、加熱してから凍らせているので玉ねぎの独特の臭みが消えて甘味が増すんだそう。

これなら玉ねぎが苦手な人も気づかずに摂取することができるかもしれませんね!

 

これを、カレーやお味噌汁などにポンっと入れて召し上がってください。

簡単にお家にある材料でおいしく健康を手に入れることができる主婦、女性、男性にも

味方をしてくれる画期的な調味料の玉ねぎ氷。

是非試してみる価値ありなので試してみてください!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場