悪夢はなぜ見るのか?見なくなる方法はあるの?

この記事は2分で読めます

真夜中に悪夢で目が覚めてしまうなんてこと経験ありませんか。

一度目が覚めてしまうと、なかなか寝付けなくなってしまうので、翌朝寝不足のまま仕事に行かなければならないこともありますよね。

悪夢を見てしまう原因や見なくなる方法など紹介していきます。

なぜ悪夢を頻繁に見るのか?

悪夢とは怖い夢など不快になる夢のことをいいます。悪夢を見る原因はさまざまです。

① 病気
うつ病などの病気で不眠症になっていると眠りが浅いため夢を見やすくなります。また、うつ病の場合、精神的にも不安定な状態が続いているので、悪夢を見やすくなってしまいます。また、体調不良の場合も悪夢を見やすくなります。

② 寝ているときの姿勢
寝返りがしづらかったり、うつぶせで寝たりしていると、息苦しく感じてしまい、それがそのまま悪夢となってあらわれることがあります。

③ ストレス
精神的ストレスで悪夢は発生しやすくなります。就職や受験など環境が変わるなどのストレスは特に感じやすく、起きているときのストレスを寝ているときまで継続してしまい、悪夢を見てしまうのです。

④ 夜食、アルコール
夜寝る前に夜食やアルコールを摂取することにより、寝ているときに内臓機能が活動してしまい、眠りが浅い状態を作り出してしまいます。これが悪夢の原因となります。

 

どうすれば悪夢を見なくなるのか?

悪夢を見てしまう原因がわかればそれをしないようにすれば悪夢を見ること減らすことができます。

① 病気
体調不良の場合は病院に行って治療を行いましょう。改善されれば悪夢を見ることもなくなります。

② 寝ているときの姿勢
寝返りがうちやすいように布団を変えてみたり、枕を変えてみたりして工夫しましょう。また、体重が重くなっていると寝返りがうちづらくなるので、適正体重までダイエットしてみるのもいいかもしれません。

③ ストレス
これが一番悪夢を見やすい原因と言えますが、ストレス発散を心がけましょう。適度に運動したりするといいストレス発散になりますよ。

④ 夜食、アルコール
寝る前3時間以内は食事を控えましょう。また、寝れないからアルコールを飲むという方もいるかもしれませんが、それは逆効果です。アルコールも適量を飲むように心がけましょう。

 

どうすれば夢を見なくなるのか?

悪夢はもちろん嫌ですが、夢を見ている場合、身体は休まっていないので、翌朝疲れが取れていないなんてこともあります。

なので、夢を見ないようにすることが一番身体への負担がなくなります。夢を見なくする方法は適度に運動をして、睡眠時間を7時間程度にし、起床時間、就寝時間をできるだけ固定することです。

睡眠を規則正しくすることで夢を見ることは少なくなります。ぜひ試してみてくださいね。

 

悪夢まとめ

いかがでしたか。悪夢を見てしまうことによって、睡眠不足になり、仕事の効率も下がるなどの悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

悪夢を見てしまう原因を解消して、気持ちよく朝を迎えたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場