2015松江水郷祭の日程とみどころ、穴場スポット

この記事は1分で読めます

 

昨年は延期になったため、2日間で打ち上げられるはずの9千発の花火が、一時間で次々と上がっていきました。
風も程よく、見ている方も涼しく、打ち上げっれる花火もクリアに綺麗に見られました。

さてさて、今年の松江水郷祭どんな花火が打ち上げられるのでしょうか?

 

日時

平成27年8月1日(土)午後8時〜(30分間)3000発

平成27年8月2日(日)午後8時〜(60分間)6000発

※8月1日(土)が中止の場合は、2日(日)に9000発。

1日2日ともに中止の場合は、8月8日(土)を予備日と致します。

 

注目して欲しいのが、土曜日より、日曜日のほうが上がる花火が多いということ。

遠方から来て2日間見られない人は日曜日がお勧めです。

 

場所

宍道湖周辺

 

交通

花火は午後8時からですが、車で行った場合、ひどく混むということはないようです。駅周辺のコインパーキングまたは、駅より東にあるイオンの駐車場に停められそうです。
ただ、メイン会場から近い距離にある駐車場は出入り自体スムーズに出ますが、その後に市内が混むので抜けるのに少し時間がかかってしまいます。
また、電車の場合、松江まで来て徒歩でも行けます。
ただ、本数が少ないので、帰り混無事を覚悟しましょう。バスはそれ以上に混むようです。

 

みどころ

西日本最大級の湖上花火大会松江水郷祭は

宍道湖上の台船2隻から、色々な花火が次々に打ち上げます。

湖面が会場ということで、それほど混雑することなく、自分の好きな場所を選んで見ることが出来ます。
また打ち上げられた直後から花火が開くまでの全部が、ほとんどの場所でみられます。
夜空花開く扇型のフォーメーション。さらにそれが湖面に反射してまるで自分が空に浮かんでいるような感覚になります。今年も楽しみですね。

 

 

昨年の打ち上げをご覧になりたい方はこちらへ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場