眠れない原因とは!?寝るための対処法と快眠グッズ

この記事は2分で読めます

あなたの生活の中で眠れない日を過ごすことはありませんか?なんで眠れないかわからない。不安でどんどん寝られなくなる。なにが原因なのか知り、安心して眠りましょう。

 

眠れない原因

その日1日に満足していない

充実していない1日を過ごしたあとは心のどこかでまだ1日を終えたくないという気持ちが働き眠れなくなることがあります。

・ストレス

いつもストレスに追われてしまうと交感神経の働きが活発になり、心拍数が上がったり、呼吸が荒くなってしまい眠れなくなってしまいます。眠るときは副交感神経が働き体をリラックスさせてくれ、それが眠りにつながります。しかしストレスを感じていると、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかずいつまでも交感神経が活発な状態が続きそれが眠れない原因になります。

・カフェイン

昔から寝る前にコーヒーを飲むと眠れなくなるっていいますよね。そのカフェインですが、コーヒー以外にも、紅茶・ココア・緑茶・ウーロン茶・コーラ・エナジードリンクなどにも入っています。何気なくウーロン茶やコーラを飲んでもカフェインの摂取になるのでそれが眠れない原因につながります。

・寝る直前までテレビ・携帯・パソコン

人間の体は意外と認識力が悪いので、寝る直前まで携帯やパソコンなど明るい画面を見ていると人間の脳はまだ夜ではないと判断してしまい、眠れない原因になります。なので、眠る1・2時間前からテレビ・携帯・パソコンなど画面の明るいものは控えましょう。

 

眠るための対処法

上で紹介した原因にあった対処法をご紹介いたします。

・1日に満足していない

家に帰ってから今日は眠れそうにないなと思う方はすこし体を動かすなどして疲れさせましょう。疲れてしまったら眠れるということはよくあります。

・ストレス

ストレスを解消するのはなかなか難しいですよね。そこを改善して少しでも快眠に近づけるためにはやはり自分なりのストレス解消法を見つけることが良いでしょう。たとえば好きな音楽を聴く、動画サイトでお気に入りの芸人に動画を見る、気になって録画していたテレビドラマを見るなど…

・カフェイン

これはだれでも気を付けることができます。歯を磨き、お風呂に入ったあと口にするのは水だけにする!など自分で決まりをつくりましょう。カフェインのほかに寝る前に体を温めることをしたり、たばこを吸うのも眠りを妨げるので気を付けたほうがいいでしょう。

・寝る直前までテレビ・携帯・パソコン

上記で説明したように寝る1・2時間前からこのようなものは控えたほうがいいので、いつまでも友達とのメールが止まらなくても少し我慢して眠れる環境をつくる努力をしましょう。

 

快眠グッズ

寝るための対策として快眠グッズを使うのもいいでしょう。

・ホットアイマスク

目元を温めほぐすことによりリラックスできスムーズに眠りにつくことができます。

・眠れる音楽

しっとりとしたクラシックなど、眠れるCDというものがあります。

このようなものにはヒーリングミュージックなどもありますので、寝るとき以外にもリラックスしたいときなどにも効果的です。

・自分の高さにあった枕

枕は自分の高さに合わないと眠れなくなる原因にもなるので、簡単にタオルで調節するなどして自分にあった高さを見つけましょう。

 

最後になりますが、眠れない原因は人それぞれです。快適な眠りを手に入れるためには、日々の生活習慣を見直し、自分に合った眠り方を見つけることが最適です。快眠グッズを使うのも1つの方法です。また不安で眠れない方は市販の不眠の薬を使用してみるのもいいでしょう。市販では不安だ、でも眠れなくてつらい方は不眠症の可能性を考えて、専門の医療機関に受診してみるのもいいでしょう。

 

ストレス社会で頑張っているあなたも快眠を手に入れましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場