熱中症…どんな症状が起きるの?ならないためには?対策もしておこう。

この記事は2分で読めます

これからの季節、どの年代の方も熱中症ってきになりますよね。

そんなみなさんのために熱中症についてご説明いたします。

 

熱中症とは

暑い環境の中で身体の適応障害が起こることをいいます。室内・屋外を問わず高温多湿等が原因となります。つまり、気温が高い状態が続き、大量の発汗により体内の水分や塩分が失われたり、湿度が高いと発汗されなく熱が体内にこもり熱が放出されなかったりすると発症します。日射病*とは違い室内での発症が多く年々増加傾向にあります。室内では締め切りの状態が続き換気をしなかったり、体温調節が適切ではない高齢者や幼児が発症したりすることが多いです。重症状になると死に至る場合や、死ぬことがなくとも後遺症が残る場合もあり、すぐに適切な対処を取ることが大切です。

*日射病;太陽光熱が原因となる熱射病

 

どんな症状が起きるの?

熱中症の症状は3つにわけることができ、それぞれ違うのでご紹介いたします。

○1度:熱失神・熱けいれん・現場で応急処置できる軽度の症状

めまい・失神・筋肉痛・こむら返り・大量の発汗

○2度:熱疲労・病院搬送が必要な中等症

頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感・不快感

○3度:熱射病:入院して治療が必要な重症

意識障害・手足の運動障害・けいれん・高体温

 

ここまで熱中症の基礎知識を紹介してまいりましたが、実際にはどうやって予防すればいいの?なってしまったらどうやって対処したらいいの?…そうです!気になりますね。

これからご紹介いたします。

 

★予防策

・こまめに水分補給をしましょう!“のどが渇いた”と思う前に、屋外・自宅・オフィスなどどこにいても水分補給をしましょう。普段水分摂取の少ない方は意識してでも飲み物を飲みましょう。のどが渇いた時には水分が失われすぎている場合があります。

 

・室温が28度、湿度が70%を超えたらエアコンをつけましょう。小さな子供や高齢者がいるお宅は特に注意が必要です。室温や湿度が高すぎなくても様子を見てエアコンを使用するなどサポートが必要です。核家族化で高齢者だけで生活している世帯には近所の人や親族からの電話や声掛けなどのサポートがあるとなお良いですね。

また、高血圧・糖尿病・認知症などの持病をお持ちの方は重症化しやすいので、周りにいる人でサポートしてみんなで助け合うことが大切です。

WS000010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★対策

熱中症の人を見つけたら!助けてあげましょう。

自分でも少しでも不安になったら対策を取ることが重要です。

 

・涼しい場所(日陰など)に移動し、衣服を緩ます。

・首筋・脇の下・足の付け根などリンパの通るところを冷やしましょう。

・顔が赤ければ頭を高く、青白ければ足を高くして寝かしてあげましょう。

・うちわやタオルなどで扇いで風を送り、冷たいタオルなどを渡してあげましょう。

・意識がなかったり、急に体温が上昇した場合は救急搬送が必要になります。

 

どうでしょうか。熱中症を調べると医療的な難しいことが書いてあることが多く、よくわからなくて不安になることもあると思います。熱中症も風邪やインフルエンザのように誰にでもなり得る症状です。しかし予防・対策を知っていて実際行うだけで発症を抑えることができます。

予防策もとても簡単なことです。今では首に巻くだけの冷たいタオルがどこでも購入することができ、簡単に使用することができます。冬の寒い時期に自然とコートを着たり、手袋・マフラーを身につけたり、カイロを使用したりするように、夏には夏の対策を心がけましょう。そして、自分だけでなく周りの人にも予防したほうがいいよ!と広めてみんなで予防意識が高まるととても安心できます。

 

最後に、自分は熱中症になったことがないから、自分には関係ないと思っている方は要注意!前にも述べましたが、本当に誰でもなる可能性があります。

学校や職場、地域で熱中症予防をして快適に元気にこれからの暑い夏を楽しんで乗り切りましょう!

WS000013

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場