歯を白くしたい!!食べ物で歯を白くできるってホント!?

この記事は2分で読めます

歯の白さは人によってまちまちですが、どうしても笑うとちらりと出てしまい、気になりますね。

対処はできないのでしょうか?また、どうして歯が変色していくのでしょうか?調べてみましょう。

歯は何でできているのでしょうか?

そもそも、歯は何でできているのか、気になりますね。
歯は半透明の白いエナメル質で、黄色っぽい象牙質を覆っている構造です。白といっても一人ひとり違う白色なのです。

 

どうして歯は黄ばんでしまうのでしょうか?

原因として考えられるのは、主に飲食物ですね。
○飲み物→コーヒー、紅茶、ワイン、ウーロン茶など。
○食べ物→カレー、ミートソース、キムチ、チョコレートなど、、、
○環境→加齢による黄ばみ、喫煙、

○歯の乾燥による黄ばみ(口呼吸、歯並びなど)
など、日々の生活の中で、汚れていきます。

 

歯磨き粉で歯は白くなるのでしょうか?

いろんなタイプの歯を白くする歯磨き粉があります。
歯を白くする歯磨き粉には、、、

1研磨剤→歯の表面の汚れを落とす

2ステインを浮き上がらせる成分

の2つが含まれています。

本格的に白くしたい方は、歯医者さんで歯のホワイトニングをしてもらい、持続的に美白用の歯磨き粉を使うのが効果的でしょう。

 

【自宅でできる歯のホワイトニング】

○その1→歯の黄ばみを落としましょう!
市販の歯磨き粉や、消しゴムタイプの着色汚れ落としで気になる部分を磨きましょう(傷がつかない程度に)

○その2→歯の美白用歯磨き粉で1本1本丁寧に歯を磨きましょう。

○その3→ジェルタイプのフッ素で再石灰化を防ぎましょう。(傷を修復)

ちなみに歯科医がすすめる美白用歯磨き粉は、、、

○ブリリアント ○アパガード リナメル などです。

重曹で歯は白くなるのでしょうか?

実は(食品用)重曹は掃除や料理だけでなく、口内でも偉大な力を発揮します。
重曹のpHは弱アルカリ性だからです。
アルカリ性である重曹を口に含むと、酸性が中和されて、最近の繁殖が止まり、歯の再石灰化を促して、強い歯を作るのです。
では、重曹で、どのようにホワイトニングしていけばいいのでしょうか?

重曹での歯磨き方法

1 口の中をゆすぎ、うがいをします。
2 歯ブラシに重曹をうっすら乗せます。
3 5分ほどそっとブラッシングしましょう。
4 歯磨きが終わったら口をゆすいで終了です。

簡単なので、ぜひ自宅で試してみましょう。効果は人それぞれかもしれませんが、やってみる価値はありそうですね。

飲食物で歯を白くすることはできるのでしょうか?

歯を白くする、、というよりは、着色汚れを防ぐ効果のある食べ物はあります。

○りんご、いちご、なつめ、トマト、梅、梨など。
リンゴ酸成分は歯の色素、黄ばみを防ぐ効果があるのです。
殺菌、抗炎症作用、血行促進、抗アレルギー作用などもあります。ビタミンCを壊してしまうので、摂りすぎには注意です。

○きくらげ、ごぼう、ひじき、切り干し大根
食物繊維の繊維質が歯をお掃除してくれます。
○キウイ、パイナップル、パパイヤ
「パパイン」の成分が歯の汚れをとってくれるそうです。

他にも、ごま、玉ねぎ、しいたけ、ブロッコリー、ニンジン、鮭など、、、。歯を守る成分が入っています。

食後30分以降に歯磨きをするのが効果的です。

 

寝ながら歯のホワイトニングはできるのでしょうか?

【ホームホワイトニング】

1カウンセリング→歯医者さんや専門医に診てもらいましょう。濃度、タイプを決定します。

2マウスピースを作ります(歯型をとります)

3ホワイトニング→日中か就寝中にマウスピースをつけて、ホワイトニングをします。

4メンテナンス→数か月に1~2回ほど、メンテナンスのホワイトニングを行います。

※虫歯、膿漏、知覚過敏などがある方は、歯科医に相談しましょう。

色々な方法がありますが、歯科医でのホワイトニング、自宅でのホームホワイトニングなど、薬剤を使う場合には、口内環境や、体調も関わってきますので、よく専門医に相談してからにしましょう。

まずは、食べ物や、歯磨きのやり方から気を付けてみるのがベストかもしれませんね。
歯を白くして、笑顔の素敵な人になってしまいましょう!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場