ベジブロスとは?知れば知るほど得するベジブロスのススメ

この記事は2分で読めます

知れば知るほど得をする『ベジブロス』

『ベジブロス』とは、Vegetable(野菜)とBroth(ダシ)を組み合わせた造語で、「野菜ダシ」のこと。

鍋で野菜を煮るだけで、この『ベジブロス』は出来上がるが、その為だけに、野菜を煮ることはもったいなくて出来ないであろう。

そういったことから、一般的には、普段は捨ててしまうような皮やヘタ、種などを活用し、『ベジブロス』を作るようになったといわれていて、より有効的と話題になっている。

いま話題の『ベジブロス』について、もっと知ってほしいと思い、書いていく。

健康法として注目される理由

また、それ以上に、健康法としても注目されている。その理由として、野菜の特徴があげられる。

本来は、食べない皮は土の中の害虫や細菌、紫外線から身を守るために、種やヘタはこれから成長するために、栄養が詰まっているというのだ。

だが、通常は食べてない為、野菜そのものが持っている栄養ごと捨てていることになる。

その野菜の栄養を丸ごととれる優れた方法であることから、専門家も絶賛するほど。

 

栄養満点だけじゃない!?様々な効果

野菜から取ったダシの『ベジブロス』には、植物がもつ天然の化学物質「ファイトケミカル」という機能成分が多く含まれる。

その成分には、老化を防止する抗酸化作用があったり、身体の免疫力を向上させたり、ビタミンやミネラルだけでは補いきれない強力な抗ガン作用も期待できたり、美肌効果も抜群である。女性を中心に人気の理由はここにあるといえる。

 

作り方とオススメの部位

~作り方~
1. 水1,300ml+両手いっぱい分ほど、ダシが出るような野菜を用意。
(例:玉葱の皮やシメジの根、枝豆のサヤなど)

2. 少量のお酒を入れる→野菜の臭みを消し、旨みを引き出す為

3. 煮崩れしないように弱火から中火で、20~30分間、煮込む。

※アクも「ファイトケミカル」が入っているため、取らない。

4. 火をとめて、ザルでこす
もちろん作り置きも出来る。保存方法としては冷凍で2~3か月、もしくは、冷蔵ならば2~3日以内に消費するのがよいとされている。

~オススメ部位~
入れる野菜くずは5種類以上を目安に。

一見、使えなさそうなリンゴの芯や白菜の芯、にんにくの皮やショウガの皮、パプリカのヘタと種、カボチャの種とワタなども使用可能。

香りをアップさせたいならば、パセリやセロリを、味・色共に良くするならば、玉葱の皮を。

また、くず野菜が足りない場合は、煮干しなど一般的な和風だしの材料、香りの出る材料を入れるとよい。

特に、入れてはダメだという野菜は、無いに等しいのだが…独特な風味が出てしまうキャベツやブロッコリーなどアブラナ科の野菜は、入れすぎに注意だ。

 

週末『ベジブロス』断食ダイエット

あらゆる抗酸化作用(血液をサラサラにして代謝を上げたり、体内の老廃物を解毒したりなど)や食物繊維が手軽にとれることでお通じを改善など、無駄のない栄養をとりながら、体内から一旦、リセットし、機能を活性化できる『ベジブロス』のプチ断食。

ダイエット以外にも、アンチエイジングにも効果が大であることから、試してみる価値は大いにありそうだ。
では、やり方について説明しよう。1週間のうち、2日間は『ベジブロス』のみ、5日間は普段の食事に『ベジブロス』のアレンジスープを取り入れたもの。

2日間は、3食『ベジブロス』約200ml+水などの飲み物で、身体の中をクリアにしながら「ファイトケミカル」を摂取することが目的。残り5日間は、3食のうち1食は、普段の食事+『ベジブロス』に野菜、タンパク質類など好きな具材を加えたアレンジスープ。それ以外は普段の食事でOK。

注意すべきこととして、断食中は『ベジブロス』の他に、ノンカフェインのお茶や水を意識して1Lは飲むように心がけること。特に、1週目は空腹に慣れていないため、お腹が空いたら、1回あたり100g程度、1日3回までならプレーンヨーグルトは食べてもOK。体調のトラブルがなければ、継続的にしてよいとされるが、続けて、2週間以上はしてはダメ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場