カフェイン中毒って何?カフェイン中毒の症状と眠りとの関係性

この記事は2分で読めます

みなさんはカフェイン中毒という中毒症状をご存知ですか?

軽く考えられがちですが、中毒にかかってしまうと、あらゆる症状に苦しめられます。

今回はそんなカフェイン中毒にならないように、カフェイン中毒について詳しくご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

カフェイン中毒とはどんな症状が出るのか?

そもそもカフェイン中毒とは、カフェインによって起こされる中毒のことで、カフェインが持つ神経毒性によって様々な症状が引き起こされます。

主にコーヒー、コーラ、紅茶、緑茶、ココア、栄養ドリンクなどによってカフェインの中毒になってしまうということがあるようです。

 

1精神症状

緊張感、感覚過敏、不安、多弁、気分の高揚、一時的な不眠症などがある。重症化してしまうと、パニック発作、幻聴、幻覚、自殺行為に至る。うつ病、不安障害、パニック障害や神経質な正確の持ち主は悪化しやすい傾向にあると言われています。

 

2身体症状

胃痛、胸痛、吐き気、頻尿、動悸、呼吸が速くなるなどといった身体的な症状がられます。重症化してしまうと、足がつり痙攣を起こしたりします。

また他にもカフェインを摂取することによって、胃が荒れてしまったり、骨が弱くなったり、血圧が上がったり、貧血になりやすくなったりと、中毒症状に関わらず日常生活の影響してくることもあります。このようにカフェインだからといって、侮ることができない中毒症状だということはわかったかと思います。人によっては症状が重くなってしまったりします。

 

どのくらいカフェインを摂取すれば中毒になってしまうのか?

一般的に言われているのが、1時間以内カフェインを6.5mg/kg以上摂取してしまうと成人の約半数人が、3時間以内に17mg/kgの摂取でほぼ全員に中毒症状が起きると言われています。

つまり1時間のうちにコーヒーを3倍ほど飲んでしまうと危ないということになります。通常なコーヒーであれば、1日に4杯?5杯ほどが適量で、特に妊娠中の女性は胎児にも移行してしまうため、カフェインの摂取を控えるようにという注意がされています。

この中毒症状が起きてしまう基準は人それぞれですし、その日の体調や、気分などに左右されるため、いつもがこの量ということではないようです。1日2杯ほどが自分の集中力を高め、1番効果的な飲み方のようです。
コーヒー200gあたりカフェインが80mg

カプチーノ200gあたりカフェインが55mg

エスプレッソ30gあたりカフェインが64mg

紅茶200gあたりカフェインが44mg

エナジードリンク250gあたりカフェインが80mg

コーラ350gあたりカフェインが38mg

ココア200gあたりカフェインが34mg

緑茶200gあたりカフェインが30mg

となっているので是非参考にして、カフェインの摂取量を意識してください。

スポンサードリンク

 

カフェインと眠りの関係は?

カフェインの覚醒効果は人それぞれですが8時間?10時間ほど続き、眠気の妨げになります。

昼に飲んでも長く続く人は、夜の睡眠まで妨げられてしまうということがあります。いつまでたっても寝ることができないといった寝つきの悪さや、良い睡眠をとることができていないと感じている方は、日頃のカフェインの摂取時間と摂取量に気をつけるべきかもしれません。

また眠眠打破やメガシャキといった眠気を抑制する飲み物などには、特に多くカフェインが入っているのでできるだけ飲まないようにしましょう。
 

今回はカフェイン中毒についてご紹介しました。

カフェインが侮ることのできない中毒症状を引き起こしてしまうということが、よくわかったと思います。どんなものも摂りすぎはいけませんが、カフェインの場合は

人によっては体に合わなくて下してしまったり、頭が痛くなってしまったりといったことがあるので、きちんと自分のことを知っておく必要がありあます。また意外なことにカフェインはコーヒーだけではなく、コーラやココア、緑茶などにも含まれています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. コーヒーを控えている最中ですが、やっぱりカフェインのとりすぎはよくないですね・・・。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場