ものもらいのって何でできるの?簡単な治療法や予防方法とは

この記事は2分で読めます

ものもらいは自分の目に大きな腫物として出てきてやっと気が付きます。
しばらくは恥ずかしくて、眼帯なしでは外に出られないという経験をした方もいるのではないでしょうか。ここではその厄介なものもらいの原因、治し方、予防法について書いていきたいと思います。ぜひ参考にしてください。

なんでできるの?

ものもらいには2種類あります。
「霰粒腫」(さんりゅうしゅ)
まつげの生え際には、目を保護するために脂を分泌する「マイボーム腺」という器官があります。このマイボーム腺に脂肪が詰まることが原因で炎症を起こし、まぶたが腫れたり、しこりができる病気です。
「麦粒腫」(ばくりゅうしゅ)
まぶたの表面についている細菌が、まぶたの分泌腺や毛穴などに入ってしまうことで、菌に感染して発症します。症状がひどくなると、化膿してしまうこともあるようです。その中でもまぶたの外側にあたる皮膚面にできる「外麦粒腫」と、まぶたの内側(結膜面)にできる「内麦粒腫」に分類されます。

どうやって治すの?

「霰粒腫」は、腫瘤が小さければ自然に吸収されることもありますが、大きい場合は副腎皮質ステロイド薬を腫瘤に注射したり、手術で摘出したりする必要があります。急性霰粒腫に対しては、まず抗生物質などで消炎をはかります。高齢者では悪性腫瘍との鑑別が必要であることもあり、注意が必要になります。
「麦粒腫」は、細菌(主に黄色ブドウ球菌)感染が原因なので、菌を殺します。
軽ければ、目薬のみ、もしくは目薬と目軟膏を併用する、もしくは市販のものもらい用目薬でも効く時もあります。

基本的にはどちらも目をしっかりと休ませて、バランスの考えた食事を摂って、薬で治療する都いうのが一般的です。
まずものもらいになってしまったら、または心配になったら、近くの耳鼻科に行って診てもらいましょう。

予防をしよう!

予防としてこんなことが挙げられます。
・まぶたや目を常に清潔に保つ
まつげの根元は、もともと雑菌がたまりやすいので、汚れた手指やタオルなどで目をこすらないようにしましょう。前髪が目にかからないようにすることで菌が目に入り混むのを防げます。なので、前髪を作っている方はこまめに切るようにし、前髪を作っていない方も目に入らないようにしっかりと分けましょう。

・コンタクトレンズの管理
コンタクトレンズはきちんと清潔に管理し、雑菌がつかないようにしましょう。コンタクトレンズを不潔な手指で脱着しないようにするようにしましょう。また、定期的に目を洗って目自体を清潔にたもちましょう。

・アイメイク、メイク落としをしっかりと行う
お化粧が入り込むと、目はなおさら不衛生になります。できるだけ濃いアイラインは避けましょう。また、メイクを落とす時はメイク落としを使用し、綺麗にアイライン、マスカラを落とし、残さないようにしましょう。

・食べ物やアルコールに気をつける
刺激の強い辛い食べ物や、炎症を起こしやすいエビやカニなどの甲殻類は、ものもらいを起こしやすくする傾向があるそうです。アルコールには炎症を悪化させる作用があり、少なくともものもらいなどの症状がある時には、刺激物、アルコールは避けましょう。

・お風呂は湯船につかる
夏場は特にシャワー派が多くなりますが、体が温まらないとまぶたも温まらず、マイボーム腺に脂肪がつまりやすくなるようです。さっとあつい湯船につかってすぐ出てしまう方も同様です。40度前後のちょっと「ぬるいな」と感じるようなお湯に10から15分程つかり、体もまぶたも温めてあげるのが効果的です。

基本的なものもらいの知識を混ぜながらご紹介しました。
ものもらいになったことがあるという方はもちろんのこと、ものもらいに1度もなったことがないという方も、これから気をつけるという意味でも予防はしていきましょう。
女性は特にメイクができないという日が続くのは厳しいと思うので、特に気をつけていきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 赤ちゃん日焼け止め
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場