こむら返りとは?どんな時に起こる?予防方法を教えてもらった

この記事は2分で読めます

こむら返りとは何でしょうか?

「腓(こむら)=ふくらはぎ」に起こる筋痙攣の総称です。

 

こむら返りとはどうゆう状態??

「こむら返り」とは、急に痛みを伴い、足の筋肉が収縮したり、痙攣をおこしたりする症状です。「足がつる」という状態です。筋肉が固くなり動かしにくくなります。

 

こむら返りはどんな時に起こるの?

主に足がつりやすいシチュエーションは、、、

○サッカーやテニスなどの足をよく使うスポーツ中

○ジョギング、ハイキング、ウォーキングなどの軽い運動中

○睡眠中、布団の中など。

 

「足がつる」原因とは?

考えられる原因をいくつか挙げてみると、、、

1筋肉の疲労
筋肉の酷使、最も多いと言われている原因です。

2電解質バランスの乱れ、栄養不足
「電解質異常」によるもの。
筋肉や神経の動きを調整しているミネラルが血液中においてバランスが乱れ、痙攣(金に気の異常な興奮状態)が起きます。

3加齢による筋肉量の減少や血行不良
加齢、疲労、冷えからの血行不良など、温度調節機能が低下すると、痙攣が起きます。
睡眠中のこむら返りの原因はこれが多いそうです。

4原因となる疾患
椎間板ヘルニア、糖尿病、動脈硬化、などの疾患が原因の場合もあります。

こむら返りの対処法

足がつった時、「いたたたー!」でもどうしたらいいんだろう??
自分の意思に反して急に足がつるので、痛みがおさまるのを待つしかないのかな、、、なんて思っているあなたに、、対処法を紹介します。

 

1押してもらう
周囲に人がいる場合は足の裏側から押してもらいます。
誰も周りにいない場合、、、
膝を伸ばし、足のつま先をゆっくり顔の方へ曲げるようにして、ふくらはぎの筋肉を伸ばすと痛みが消えていきます。「ゆっくりやる」のが大事です。
つま先に手が届かない場合は手ぬぐいやタオルで足先にひっかけるといいですね。
2伸ばす
立っている時は、つってない方の足を前に出し、重心を前に移します。前に出した足に両手をついて、つまりアキレス腱伸ばしの状態です。

 

★こむら返りがおさまったら★
そのまま放置ではなく、蒸しタオルなどであたためてあげると、筋肉の回復が早まり、こむら返りの再発予防にもなるんですよ。大事大事。

こむら返りの予防法

1栄養をしっかりとる
栄養不足だと、こむら返りになりやすいです。しっかり栄養を摂りましょう!
特に大切なのは、ミネラル、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB群の摂取。こむら返り予防には必要不可欠な栄養素です!

 

2ふくらはぎに疲れをためない
激しく運動して足をつることもあります。筋肉の疲労です。
運動をする前にはしっかりとした準備運動、体を動かしたり、長時間歩いた後は、クールダウンして水分補給をしっかりすることが大切です。

 

3日常の予防
寝る前などに軽くストレッチをすることは、心がリラックスするだけではなく、筋肉を伸ばすことで、こむら返りの予防にもなります。ぜひ、寝る前のストレッチを日課にしましょう!

 

こむら返りについて調べてみると、日常の食事、ストレッチがどれだけ大切か改めて知ることができます。

まぁいいやといつもは気にしないこと、栄養のバランス、寝る前のたった数分のストレッチでも体は喜びますよ。あの寝てる時の「ピキーン」という痛さから解放されるために、日常から筋肉を伸ばしたりして、気を付けましょうね。

スポーツが爽快にできますように、、、。そして心地よい睡眠を。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 赤ちゃん日焼け止め
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場