筋肉少女隊の大槻ケンヂさん、悲しみをこらえ熱唱

この記事は1分で読めます

筋肉少女隊の大槻ケンヂさんの兄、サーフィン中に水死!!お兄さんはフリーカメラマンの大槻慎一さん。

ウインドサーフィンの腕前はベテランだったそうですが、潮流の影響を強く受ける場所で水死が確認されたそうです。

 

大槻ケンヂ兄が水死、悲しみこらえ20曲熱唱 ロックバンド、筋肉少女帯のボーカル、大槻ケンヂ(46)の兄で、フリーカメラマンの大槻慎一さん(48)が20日、千葉・富津市の富津岬沖合で水死していたことが分かった。

木更津海上保安署によると、慎一さんは19日にひとりでウインドサーフィンに出かけたが、同日夜になっても帰宅せず、夫人が千葉県警富津署に通報。20日朝になり、富津岬の先端南側約500メートル沖合で地元漁業者が発見した。慎一さんはおぼれた可能性が高い。同署によれば慎一さんの腕前は「長くやっているベテラン」というが、潮流の影響を強く受ける場所だったという。

大槻はこの日、東京・恵比寿リキッドルームでの筋肉少女帯のライブを敢行。悲しみをこらえ、約1000人のファンを前にパワフルな歌声で約20曲を熱唱。兄の死にはふれず、「とってもいい距離感だったぜ! ありがとう!!」と約2時間半のステージを演出。
(以上 サンケイスポーツより引用)

 

兄を亡くしたショックを跳ね除けるかのように、東京・恵比寿のリキッドルームで、大槻ケンジさん率いるバンド「筋肉少女帯」のライブを予定通りこなしたなんて、さすがプロですよね。

お兄さんへの追悼を込めて声を張り上げ歌ったに違いないと…大槻さんの気持ちを察します。

昨年12月には映画監督の伯父・大槻義一さん(享年84歳)が亡くなり、身内との別れが続く中、熱唱ライブは幕を閉じのでした。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場