プロ野球2013年から統一球へ!そもそも統一球問題って!?

この記事は2分で読めます

統一球とは?と疑問を持たれる方はたくさんいらっしゃるかと思います。なんなら私も草野球をする主人との会話の中で初めて聞いて頭の中にたくさんのハテナが出ました!そのハテナを解消すべく、いろいろ私なりに調べてみたんです。

皆さんプロ野球統一球問題をご存知でしょうか?

2年間もの間、基準を下回る「飛ばないボール」を使用していたにも関わらず、それを世間や選手に公表することなく

さらには2013年に統一球を「飛ぶもの」に変更し、さらにこれさえも世間や選手に公表していなかった一連の問題です。

こうして聞いてみるとなんだか情報番組やニュースで聞いたことがあるような気がしますよね。

 

ではこの統一球とは一体なんなのでしょうか?

それは米大リーグの公式球に近いとされている低反発球のことです。

野球の国際化を目指して2011年から日本の野球界に導入されました。

以前から使用していた公式球に比べて、芯を捉えないと上手く飛ばないという特徴があるようです。

国際化を目的に導入された統一球ですが2013年3月に行われたWBCでは、統一球とWBCで使用されたボールの違いに戸惑う選手が続出したようで

野球の国際化は達成できたとは言えない状況に陥ってしまったそうです。

国際化を目指すための統一球が国際試合ともいえるWBCで統一球との違いで選手の混乱を引き起こしてしまうことになったのは

残念な結果ですよね。

 

では何故2013年プロ野球統一球問題は発覚したのでしょうか?

2011年に導入した統一球ですが、導入してからの2年間と2013年では本塁打数にとても大きな差があることが発覚しました。

そこで2013年の統一球は「飛ぶボール」に変わったに違いないという疑惑が浮かび上がったそうです。

そうしたことから更に追求していくと実際に統一球の反発力係数は変更されていたそうで、変更を公表してなかったそうです。

それだけにおさまらず、2011年からの2年間は基準値を下回っていたことも発覚しました。

結果的に導入から2年間は基準に達していない飛ばないボールが統一球としてプロ野球で使用されていたということになります。

追求するまで公表しなかったのは何故なんでしょうか?

いくら頑張って選手が練習をして改善を重ねてもボールがコロコロと変わってしまっては選手の努力も水の泡になってしまいそうですよね。

 

この2013年プロ野球統一球問題が発覚した後も、組織のトップである加藤コミッショナーは部下へ責任を転嫁して辞任の意思がないことを明言しているようです。

また不祥事を起こしたという認識も薄く、非難を浴びているようですね。

発覚してしまったのなら潔く辞任してくれたほうが問題解決とまではいかなくとも世間からの評価は今とは違ったものになっていたかもしれませんね。

それ以前に一番の被害者はきっと選手なのだと思います。

起こってしまった問題は今さらどうすることもできませんが、せめて今後はこのようなことが起こらないようにしていただきたいものです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

楽天市場